想田和弘(著)ミシマ社(編)『観察する男 映画を一本撮るときに、監督が考えること』ミシマ社

¥ 1,980

観察者を観察すること
おもしろい

(店主)


---【 内容 】--------------------------------------

舞台は牛窓(岡山県)。カメラを回せば----
グローバリズム、高齢化、震災の影響、第一次産業の苦境・・・
すべてが映りこんでいた。

観察映画『牡蠣工場』(2016年2月公開)をつくる監督を逆観察。
台本なしの映画づくりの幕が上がる!
映画を観るように読んでください----編集部より

内澤旬子、岸政彦、堀部篤史、各氏推薦!!

(ミシマ社HPより)


---【 著者情報 】--------------------------------

想田和弘(そうだ・かずひろ)

1970年栃木県足利市生まれ。東京大学文学部卒。スクール・オブ・ビジュアル・アーツ卒。93年からニューヨーク在住。映画作家。台本やナレーション、BGM等を排した、自ら「観察映画」と呼ぶドキュメンタリーの方法を提唱・実践。監督作品に『選挙』『精神』『Peace』『演劇1』『演劇2』『選挙2』があり、国際映画祭などでの受賞多数。著書に『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』(講談社現代新書)、『熱狂なきファシズム』(河出書房新社)、『カメラを持て、町へ出よう』(集英社インターナショナル)など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパックプラス

    対面でのお渡しになります。全国一律520円。

    全国一律 520円
  • レターパックライト

    全国一律 370円
Related Items
  • 青山ゆみこ『ほんのちょっと当事者』ミシマ社
    ¥ 1,760
  • 上阪徹『書いて生きていく プロ文章論』ミシマ社
    ¥ 1,760
  • ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台 Vol.4 「発酵×経済」号』
    ¥ 1,760