松村圭一郎『うしろめたさの人類学』ミシマ社

¥ 1,870

誰もが感じたことのある
「うしろめたさ」をはじまりの点として
展開する人類学

例えば、電車で席を譲れなかったこと
そのとき感じた感情のしこり
そんな日常の些細なことからはじまる
僕らが僕らであることの研究

(店主)


---【 内容 】--------------------------------------

市場、国家、社会...
断絶した世界が、「つながり」を取り戻す。

その可能性を、「構築人類学」という新たな学問手法で追求。
強固な制度のなかにスキマをつくる力は、「うしろめたさ」にある!
「批判」ではなく「再構築」をすることで、新たな時代の可能性が生まれる。

京都大学総長・山極壽一氏推薦!

世の中どこかおかしい。なんだか窮屈だ。そう感じる人は多いと思う。でも、どうしたらなにかが変わるのか、どこから手をつけたらいいのか、さっぱりわからない。国家とか、市場とか、巨大なシステムを前に、ただ立ちつくすしかないのか。(略)この本では、ぼくらの生きる世界がどうやって成り立っているのか、その見取り図を描きながら、その「もやもや」に向き合ってみようと思う。
――「はじめに」より

第72回毎日出版文化賞<特別賞>を受賞しました!

(ミシマ社HPより)


---【 著者情報 】--------------------------------

松村圭一郎(まつむら・けいいちろう)

1975年、熊本生まれ。京都大学総合人間学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。岡山大学大学院社会文化科学研究科/岡山大学文学部准教授。専門は文化人類学。エチオピアの農村や中東の都市でフィールドワークを続け、富の所有と分配、貧困や開発援助、海外出稼ぎなどについて研究。著書に『所有と分配の人類学』(世界思想社)、『文化人類学 ブックガイドシリーズ基本の30冊』(人文書院)がある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパックプラス

    対面でのお渡しになります。全国一律520円。

    全国一律 520円
  • レターパックライト

    全国一律 370円
Related Items
  • 青山ゆみこ『ほんのちょっと当事者』ミシマ社
    ¥ 1,760
  • 上阪徹『書いて生きていく プロ文章論』ミシマ社
    ¥ 1,760
  • ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台 Vol.4 「発酵×経済」号』
    ¥ 1,760