益田ミリ『今日の人生』ミシマ社

¥ 1,650



淡々と過ぎてゆく日々も
昨日とまったく同じ日なんてない
今日の人生

(店主)


---【 内容 】--------------------------------------

むなしい日も、幸せな日も、おいしいものを食べた日も、永遠の別れが訪れた日も・・・。
2コマで終わる「今日」もあれば、8ページの物語になる「今日」もある。
描き下ろしを加え、「みんなのミシマガジン」の人気連載「今日の人生」4年分が一冊に。

(ミシマ社 HPより)


---【 著者情報 】--------------------------------

益田ミリ(ますだ・みり)

1969 年大阪府生まれ。イラストレーター。
主な著書に、『ほしいものはなんですか?』『みちこさん英語をやりなおす』(以上、ミシマ社)、『女という生きもの』(幻冬舎)、『沢村さん家のこんな毎日』(文藝春秋)、『泣き虫チエ子さん』シリーズ(集英社)、絵本『はやくはやくっていわないで』(第58 回産経児童出版文化賞受賞)『だいじなだいじなぼくのはこ』『ネコリンピック』(以上、平澤一平・絵、ミシマ社)など。『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎)は2012 年に映画化された。


---【 パブリシティ情報 】--------------------------------

「人生は連続していますが、日付をまたげば明日の私がいる。つらいことがあった日には、明日の私に任せて何とか乗り越えよう。そんな思いも込めたタイトルです」(2017年5月7日、東京新聞著者インタビュー)

「毎日がなんとなくつまらない時や、落ち込んだ心が立て直せない時に気持ちを切り替えるヒントが詰まっている。」
「傷ついた時でも『私には私がいる』と思うと元気がでます。昨日の私、10年前の私、たくさんの私が今の私にはついているから、何とかなる、大丈夫だよと」(2017年5月14日、朝日新聞著者インタビュー)

「誰にも言えない気持ちは私以外の人にもあるはず。人生で何でもなかったという日はない。一日がいとおしく思える本になっていたらいいですね」(2017年5月29日、産経新聞著者インタビュー)

「私自身、この本のゲラを読み始めたら止まらなくなってしまって、校正するのも忘れたほどでした。いつもは人に話さないでいるようなことばかりなんですけど、自分にはどれも大事な一瞬。人生って、大きな出来事ばかりでできているのではなくて、小さいけど、忘れたくない日々のかけらでもあるんですよね」(『ダ・ヴィンチ』2017年6月号「こんげつのブックマーク」著者インタビュー)

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパックプラス

    対面でのお渡しになります。全国一律520円。

    全国一律 520円
  • レターパックライト

    全国一律 370円
Related Items
  • 青山ゆみこ『ほんのちょっと当事者』ミシマ社
    ¥ 1,760
  • 上阪徹『書いて生きていく プロ文章論』ミシマ社
    ¥ 1,760
  • ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台 Vol.4 「発酵×経済」号』
    ¥ 1,760